みんなの、「わたしのまち」

1956年に誕生した旧小笹団地の建て替えプロジェクトです。人口増に伴う住宅の供給を目的とした団地と違い、「シェア」の概念が浸透した現代における、助け合いと自立性の両立という現代的なバランス感覚を持った集合住宅のイメージを”みんなの、「わたしのまち」”というコンセプトに集約し、群棟全体を一つの街と捉えた「小笹山手」というネーミングを行いました。ロゴマークは、さまざまな色のしずく型のパーツを組み合わせることで、小笹山手の自然や動物など、いろいろなものに見立てることができます。経年変化する素材を使用したサインなども含め、人が住み、時間を重ねることで街として成長していく伸びしろのあるデザインを心がけています。

credit

クライアント :

福岡県住宅供給公社

福岡県福岡市

https://lsf.jp/rent/k_ozasayamate/

category