株式会社ジーエータップ

Good thinking,inifinite production results


第3回ユニバーサルキャンプ in 九州

2010年11月 6日(土)~11月 7日(日)
国営 海の中道海浜公園デイキャンプ場

皆様のご協力により、第3回ユニバーサルキャンプ実現することができました。今年は視覚障害者3名 、車椅子利用者3名 、聴覚障害者1名、子供5名、 外国人6名、 一般者36名が参加しました。 楽しいイベントが盛りたくさんでした。

視覚障害者のためのインフォメーションデザイン会議

2010年10月25~27日 ウイーン

2010年10月25~27日にウイーンで開かれたInformation Design for Visually Impaired Peopleの会議で定村社長がプレゼンテーションをおこないました。この会議はIIID(International Institute for Information design)というインフォメーションデザインの国際的な組織が主催したもので、定村は日本サインデザイン協会から日本の代表のひとりとして参加しました。会議では視覚障害者のための先端的なデザインが各国の研究者やデザイナーから発表されました。これまでのUDではアクセシビリティーのデザインは数多く開発されていますが、視覚障害者や聴覚障害者のための情報デザインは、研究課題が数多く残されています。当社としては今後もこの分野に力を注ぎたいと思います。

タップサインは日本サイン協会SDA賞大賞受賞!!

子ども達と成長するサイン 基山小学校
第43回SDA日本サインデザイン大賞・経済産業大臣賞
福岡広告協会賞アーバンアド部門金賞
デザイン:森山 百合香 十亀 直人 高木 顕

このサインは、本体に空いた穴にブロックを差し込み、クラス番号の数字を形づくる事ができます。教室のクラス位置の変更などに対応した自由度の高い機能を持ち合わせています。ブロックを差し込を児童たちに行ってもらってはどうでしょうか。これが入学・クラス替え後の、最初の共同作業となる訳です。毎年クラスカラーを決めて、塗りかえてもいいかもしれません。こうした作業を通してクラスの団結や教室・学校への愛着が生まれることを期待します。1年生から6年生まで、クラスや学年毎に設置位置の高さの違いや色の違いなどを見て楽しめそうです。
まさに児童たちとともに”成長する”サインと言えるのではないでしょうか。

TOP